大井川・赤石沢 無念の敗退!  2日目 - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川・赤石沢 無念の敗退!  2日目

沢にいるときはほとんど寒さで震えていたが、昨晩は夏用シュラフで十分だった。
暖かくすればスケムネさんのようにシュラフカバーだけでも寝られたかもしれない。


朝4時頃にたき火の火が消え始めたので、薪を足して火の番をするために起きることにした。

昨日の時点で、百間洞の山小屋まで行くことはあきらめていた。
この日は、取水口まで行き、そこから取水口メンテナンスの道があるなら、そこから帰ろうと思った。

IMGP9744.jpg
なので、取水口まで釣り三昧。
私はテンカラで。


IMGP9747.jpg
ルアーのスケムネさんと、


IMGP9755.jpg
ツッチャン。
ここまで来るのに一苦労したおかげで、よく釣れる。


IMGP9759.jpg
取水口が見えた。
「この山奥にどうやって作ったの!?」


IMGP9761.jpg
取水口の上は大きなプールとなっていた。
ここで、メンテナンス用の道を探すが、期待は外れ、険しい斜面を登ろうと思った。
しかし、ツッチャンが沢沿いに下降することを提案した。
激流を下ることに恐さを感じたが、水量は少し減っていたので沢を下ることにした。


IMGP9765.jpg
心配だった巨岩帯は予想よりうまく抜けられた。


IMGP9766.jpg
滝つぼに巻き込まれないように淵は泳いだ。
神の淵も流れに乗って簡単に通過できた。


IMGP9769.jpg
いくつもある大きな淵は、ジャンプ!
ザックを背負っての泳ぎにパニックになったスケムネさん。
たしかに、ザックに頭が押され溺れそうになる。

ここで遡行者2人と出会った。彼らと話していると私のカメラがないことに気付いた。
「ジャンプして泳いだ時に落としたんだ!」
しかし、さすがはツッチャン、泳いで見つけてくれた。
群馬から来た沢ヤの人たちはどこまで行けたのだろう?


IMGP9770.jpg
予想より沢沿いの下りがうまくいったのでよかった。
たまに浅いところがあるので、ジャンプは注意だ!


IMGP9774.jpg
「ラジオラリラ」
赤石沢も終わりに近づいた。


IMGP9775.jpg
スケムネさんもラジオラリアの赤石を持ち上げる!
名残惜しい・・・。


IMGP9771.jpg
充実感と安心感でいっぱいな無念の敗退。
百間洞のトンカツを沢を詰めた後に食べたかった。
そのあとの稜線はどんな景色だろう?


IMGP9776.jpg
再会できる日を楽しみに。
沢旅を分かち合った沢組合に感謝!!!







関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/215-c789792f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。