青ナギ沢 2日目 - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青ナギ沢 2日目

雨の降る中、疲れていたせいですぐに眠ってしまった。
夜中に目が覚めると、雨は止み、空に星がよく見えていた。
消えかかった火に薪をくべ、しばらくたき火の前で火の番をして過ごした。
もう一回寝ようと、シュラフに潜り込んだ後は、風の音で起きたりしたが、十分睡眠はとれた。

IMGP9124.jpg

そして、朝日で明るくなる森を、昨日とは全く違う安堵感で眺めた。
私が寝た後、ツッチャンが火の番をしてくれたので、たき火で水を温めることができ、ワサビの葉っぱ入りラーメンを食べた。


IMGP9128.jpg
のんびりしたあと、釣りを楽しんだ。
沢組合が始まって4年目になり、やっとテンカラがわかリ始めた感じだ。
テンカラはシンプルゆえに奥が深い!
また、苦楽を共にした釣の師匠であるツッチャンには感謝だ。

釣り人の足跡もあり、多くは釣れなかったが、二俣上流まで足を運んだあと、テン場に戻った。


IMGP9135.jpg
日常生活から遠く離れた、厳しくも美しい旅の宿に別れを告げ、


IMGP9143.jpg
廃道になっているが何とか使える左岸の道を下った。
途中、連打された、道しるべのための黄色テープに苦笑いが起きる。


IMGP9148.jpg
釜滝付近の平らな地形は、植林されずにきれいな森となっている。


IMGP9150.jpg
忘れ去られた森林軌道。


IMGP9153.jpg
初日に雨が降り、凍えながらの沢旅となったが、無事、青ナギ沢脱出!


IMGP9156.jpg
単調な林道歩きから解放され、パンクの直った自転車にまたがり、新緑の中のサイクリングは気持ちよかった。
ただ、急な砂利道はシクロクロスには厳しい!
観光客の間を、恥ずかしがりながら通過し、沢組合の旅が終わった。

5月の雨でも、しっかりした装備があっれば、遡行が可能だと分かり、さらに経験値が増えた。
日頃のストレスを沢が洗い流してくれたようで、とても疲れたが、すがすがしい気持ちになった。
また、沢旅に出かけましょう!





関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

RYO★SUKE   says...""
青薙の二段滝、釜滝って言うんですか?
自然が作り出したあの圧倒的な大迫力、
今でも覚えています。

それにしてもこの時期の渡渉はさすがです。
2014.05.14 23:32 | URL | #- [edit]
gen says...""
Ryosukeさんこそさすがです!
行ったことあるんですね。

まだ沢は肌寒く、雨でくじけそうになりましたよ!
2014.05.15 20:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/206-d26cc045
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。