栗代川~コッパ沢~朝日岳 2日目 - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗代川~コッパ沢~朝日岳 2日目

朝3時ごろ、乾いた風で明るくなったたき火の火に目が覚めた。
しばらくして、起き上がり薪を追加してお湯を沸かし、釣りをしながらのんびりしていた。
ツッチャンも起き、ラーメンを食べ出発準備をした。
前日、コッパ沢の20mの滝を右から巻いたのだが、急なガレ場に重たい荷物はちょっと不安だ。
地図を見ると右岸のほうが沢に戻りやすそうなので、行ってみることにした。
どちらも急登は避けられないが、懸垂下降なしにクライムダウンで沢に降りることができた。


IMGP7756.jpg

ただ、巻き道が少し長く、20m滝の後の滝を見られなかったのは残念だ。

沢に入り、釣竿を出そうとすると、「キャー!」大きなナメクジが!


IMGP7762.jpg
コッパ沢の渓相は、ゴルジュが多くきれいだった。
泳ぐ箇所もあったが、難しいところはない。


IMGP7758.jpg
新しく買ってしまったテンカラ竿 シマノ渓峰テンカラLLS33。
いい感じで振れる。
逆さ毛ばりも試してみた。


IMGP7771.jpg
ツッチャンもテンカラで釣っていた。
中ぐらいのサイズのイワナが釣れるが、この日はすべてリリース。
おかげで、竜神の怒りに触れず、明るい日が差し込んでいた。


IMGP7779.jpg
釣りに夢中になってしまうが、この日は未開の帰り道が待っていた。

コッパ沢から、西へ出る初めの支流を登り始めると、
後ろから吹き上げるさわやかな風に、
「竜神の吐息だ」とツッチャンがつぶやいた。
源流に近い奥地に来たのだが、この時の満たされた気持ちはとても素晴らしかった。


IMGP7784.jpg
沢は25mほどの大きな滝によって、立ちふさがれたようになった。
滝の左の枯滝をツッチャンはフリーで登るが、


IMGP7787.jpg
疲れのたまっていた私は、枯滝のさらに左にあった太いワイヤーをゴボウで登った。
急なガレ場なので高度を上げるとワイヤーなしでは登れなかった。


IMGP7788.jpg
もろい斜面を登り、尾根に出る。
支流の沢から尾根に逃げようと、地図上で予測していた。


IMGP7790.jpg
尾根上のなだらかな場所にあった荒れ果てた作業小屋を見つけた。
これほど大きな作業小屋は見たことない。
休憩をして着替え、山登りに備えた。
ここから稜線を目指すが、苦しい試練が私たちを待っていた。
沢から離れたので、暑さが襲ってきた。
少しずつ遅れを取り始めた私は、休み休み登って行った。

そして、突然現れたトラバースしている道。
右へはなだらかに登っている。私たちの向かう方向は左だが、なぜか下っていた。
しっかりした道はどこに向かっているのか?
ひとまず左へ進んでみた。とても歩きやすいが少しずつ下がっている。
もっとこの道をたどりたい気持ちはあったが、稜線を目指して藪の中へ入った。
木の藪だった。



IMGP7794.jpg
足元は根と苔の歩きにくい地形で、木の藪に行く手をさえぎられ、視界はなく、延々と続くかのように思われた。
高度計を何度も確認した。

そして、やっと稜線に出る。(標高1700m付近・五林沢口より南の地点)
歩きやすい稜線を期待したが、先ほどよりはましだとしても、藪に近い道だ。
木々の間から見える朝日岳へは、さらに200m登らなけれならなかった。


IMGP7796.jpg
踏み跡は薄いが、それでも道になっていたので、歩きやすくはなっていた。
しかし、これほどまで追い込まれたのは久しぶりだ。
登りながら考えたのは、自分の家族のこと。
「早く家族に会いたい」と願いながら歩いた。
そして珍しく視界が開けると、深南部の山々が見えた。

「鎌崩!?」

トシゾーさんとの雪の鎌崩通過を思い出し、ひとり感慨に浸った。
その横の鹿の平は山桜やシュウとの思い出の場所でもある。



IMGP7798.jpg
足久保山岳会で来て以来7年ぶりの朝日岳山頂にやっと着いた。
フラフラしていたが、ホッとした。
これでもう登らなくてすむからだ。
しかし、その考えは間違っていた。
この後、初めて、下りでのシャリバテを経験した。
ヒルを警戒して沢靴のままで降りたのが失敗だった。
渓流アイゼンをつけるが、その頃には膝がやられ踏ん張りがきかず、
ツッチャンから大分後れを取りながら久しぶりの合地ボツで休憩した。
休憩しながら、数々の試練を乗り越えたこの冒険をツッチャンと振り返った。


IMGP7801.jpg
車に着くと、たまたま通りかかったツッチャンのお父さんがスポーツドリンクをくれた。
渇いた体に染みわたった。

今回の冒険を分かち合ったツッチャン(体力、泳ぎ、クライミング、釣りとどれもすごい)、そして許可してくれたそれぞれの家族に感謝!

豊かな沢の自然は、雄大で素晴らしかった!






関連記事
スポンサーサイト

-4 Comments

安倍の山伏 says...""
ゲンさん、デカイの釣ったね!!  ツメた沢は御料木沢で、昔は左岸尾根上に木葉歩道が付いていたと、なので大きな作業小屋跡があったのだと思います。 しかし、良い所に行ってきましたね、うらやましいですよ!

かたやま
2013.07.19 23:03 | URL | #- [edit]
gen says...""
かたやまさん

詰めたあの沢にも、名があるんですね・・・。
しっかりした道は木葉歩道だとしたら、どこにつながっているのか?一緒に行ったツッチャンもその道について触れていました。
興味深いです。
2013.07.20 17:33 | URL | #- [edit]
渓流日和 says...""
尺イワナおめでとうございます。
栗代突破もおめでとうございます。
こんな贅沢な遊びは他にはありませんね。

自分は特に技術もないので、ゆるい淵を泳いだり、へっぴり腰で岩にへばりついたりってのはありますが、それでも最高に楽しいので、これだけの遡行ができたらめちゃくちゃ面白いだろうなーっていつも思います。

いやー、それにしてもうらやましい。
2013.07.24 09:59 | URL | #- [edit]
gen says...""
Ryosukeさん

コッパ沢の情報ありがとうございました。
本当にいい沢でした。
遡行も緊張の続く冒険でした。
しかし、厳しく長い帰り道にとても追い込まれましたね。
きつかったです!

また、いい沢を教えてください!

2013.07.24 21:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/178-b8dc6139
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。