岩岳アイゼンガルド  サルマンサンバ、ウルク=ハイワルツ初登! - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩岳アイゼンガルド  サルマンサンバ、ウルク=ハイワルツ初登!

2013年3月17日

もうすぐ里帰り期間が終わり、本格的な子育てが始まる前に、どうしても決着をつけたいことがあった!
それは、岩岳アイゼンガルド ウルク・ハイワルツ初登・・・。
「初登者として、自分の名前を刻みたい」
そんな思いを胸に、ニールさん、アカシさんを頼り、岩岳アイゼンガルドへと向かった。


IMGP7370.jpg
天気は晴れ。
気温も暖かく、めずらしいことに風も穏やかだった。
これはいけるぞ!



IMGP7371.jpg
雪はかなり減っていたが、凍った道は今まで以上に気を使った。
地蔵峠まで数人の登山者と会い、だいたい目的地は青笹山のようだ。
地蔵峠で休憩しながら、「今日は風がないな~」と大きな声で私が言うと、ニールさんが「シッ!そういうことを言うと、聞かれてしまう」と注意した。
あとになり分かったが、この忠告が本当になってしまう・・・。



IMGP7373.jpg
真先峠から地蔵峠まで約40分、地蔵峠から岩岳アイゼンガルドまで約40分、休憩を入れるとアプローチは1時間半ぐらいかかる。
正直に言ってしまうと、岩岳アイゼンガルドに着くころは、もうすでに疲れ切っている。
フラフラでクライミングどころではない。
しかし、



IMGP7374.jpg
それでも、いい!
このすばらしい眺めと、吹き上がる向かい風。



IMGP7380.jpg
疲れているが、さっそく作業に入った。
私はサルマンサンバのクラック掃除。
トライカム、カムを使いセルフビレイを取りながら、苔を落とした。



IMGP7381.jpg
ニールさんはウルク・ハイワルツのルート作り、アカシさんはその右のラインを掃除した。



IMGP7382.jpg
腹が減ったので、昼食を取ることにした。
リリー、ポリーもこのパーティーの大事な仲間だ。



Dscn0898.jpg
昼食の頃まではまだ陽が出ていて暖かった。
食べ終えて、さあまた再開しようとすると、何だか灰色の雲が立ち込めてきた。
そろそろ、サルマンに気づかれてしまったか?



IMGP7386.jpg
とりあえず、下に降りて、ニールさんがボルトをつけている間に、掃除したルートをトップロープでアカシさんが登ってみた。
ホールドがたくさんあるように見えるが、なぜか難しいルートのようだ。
5.11はあるのでは?



IMGP7388.jpg
ウルク・ハイワルツのボルトを付けてくれたニールさんが、いよいよサルマンサンバを登り始めた。
サルマンサンバは、ニールさんの得意とするスラブのラインだ。
問題は、さっきから急に勢いを増した風と霧。
霧でロープが濡れてしまうほど湿っていた。



IMGP7391.jpg
さらに、吹き付ける風で体感温度はどんどん下がっていく一方。
かじかむ手に耐えながら、ゆっくりと着実に登っていった。



IMGP7392.jpg
肘の痛みのせいで、久しぶりのクライミングとなったニールさんだが、
サルマンサンバ初登成功!
グレイドは5.9。
「寒くなければ、とてもいいルートだろう」と凍えるニールさんの感想。
冷たい風と霧、サルマンの魔法か?
私もサルマンサンバをリードしたが、楽なカンテ側より、難しいスラブの方へ登ってしまった。
冷静にラインを読み取ることが必要だ。


IMGP7394.jpg
次はアカシさんに登ってもらおうと思ったが、凍傷のように白くなった指では登れないと判断した。
そうなると、ついにウルク=ハイワルツへの闘いに直面する時が来てしまったようだ。
今日しかない私にとって、その霧に包まれた岩壁を前に、なんのためらいもなかった。
目的に向かって、ただ登るだけ。
自分自身がとてもシンプルでいられるような感覚だった。


IMGP7406.jpg
核心はナッツをセットするクラックの後半。
夢中だったので想像していたほど恐さはなかったが、数日たった今でも、その時の集中した感覚を思い出すと、ドキドキする。


IMGP7410.jpg
腕はだいぶパンプしていた。
レストしながら最後の力を振り絞り、念願のウルク=ハイワルツ初登達成!
グレイドは5・10cかな?
ニールさん、トシゾーさんたちにも登ってもらいグレイドを決める予定だ。



IMGP7414.jpg
ニールさん、アカシさん、シュウ、アミ、ポリー、リリーと今回岩岳アイゼンガルドの開拓に携わったニール会に感謝の思いで一杯だ。
ナチュラルプロテクションを使うしびれるルートとして、おもしろいものになったウルク=ハイワルツ(Uruk-hai Waltz)。
ルート名はニールさんのアイデアで、ウルク=ハイとワルツの意外な組み合わせが、このルートのおもしろさを象徴している。
もう少し、ルートが増える予定の岩岳アイゼンガルドが楽しみだ。
あとはニール会の皆さん、お願いします!



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/167-2c44559d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。