岩岳アイゼンガルド クライミング岩場開拓 - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩岳アイゼンガルド クライミング岩場開拓

2013年3月10日
開拓の続き、岩岳アイゼンアガルドへ。

IMGP7295.jpg
1週間前、寒さに震えながら開拓をしていたのだが、静岡ではいい感じで暖かい日が続いていた。
これはいけるぞ!と2回目となる岩場開拓にアミが初参戦した。
そして、ニール会のアカシさんもこのパーティーにというか、作業班に加わった。
趣味にしては、あまりにも厳しい環境での重労働なのだ!


IMGP7296.jpg
写真左にあるのが、これから目指す岩岳アイゼンガルド。
あの岩を見ると、寒さも、きついアプローチも忘れ、やる気がわいてくる。
「やってやるぜ、サルマン!」


IMGP7298.jpg
暖かいから雪はないかな?と期待していたが、前回よりは雪は少ないものの、凍ったところが多くて神経を使う。
真先峠から地蔵峠まで35分ほどかかった。


IMGP7300.jpg
地蔵峠で遅れていたシュウとアミを待つが、開拓作業がたくさんあるので、先に出発した。
これから岩岳まで一気に上がる登りに苦しむことになる。
風は強いが、登りのせいで暑くなってきた。
雪の残る尾根道を黙々と歩き、目的地である岩岳アイゼンガルドに着いた。
ここは、風の吹かない時があるのだろうか?
風で汗が冷え、寒さとの闘いが始まった。


IMGP7307.jpg
ニールさんが終了点の設置をしている間に、トップロープでカンテ右スラブを登ってみた。
前回は岩の雰囲気に屈してしまいカンテに行けなかった。
今回、慣れてきたのか、思い切ってカンテを登ってみると、簡単に登れた。


IMGP7311.jpg
アカシさんが登ってみる。
ななめのクラックにカム(#3)でプロテクションを取ることができる。
真ん中まで行くと、指先に感覚がなくなり、敢え無く登りきることができなかった。
アカシさんなら問題なく登れるはずだが、風の音と岩の迫力に負けてしまった。


IMGP7318.jpg
暖かいはずだが、ここは違っていた。
灰色の雲が上空を渦巻き、時おり、みぞれのような冷たい雨に、私たちの気分はふさぎ込んでいった。
ポリーも岩の影に隠れるように丸まっていた。


IMGP7322.jpg
ニールさんはというと、強風のせいで作業が難航していた。
風の合間から「イヤだ~!」とニールさんのうめき声が聞こえてきた。


IMGP7323.jpg
ニールさんが開拓作業をしている間、私たちはクラックの掃除ををした。
かき出したクラック内の泥が風で顔に全部飛んでくる。
目、鼻、口に土が思いっきり入ってきた。
それを予想したシュウがゴーグルを持ってきた。
強風の中のクラック掃除にはゴーグルが必需品だ。


IMGP7328.jpg
せっかくここまで来たアミは、ハーネスもつけずに犬たちと寒さに耐えていた。
確かにこの環境での作業はきついだろう。
5.9ぐらいのゴラムルートを作ってくれと頼んでいた。


IMGP7330.jpg
アカシさんも献身的にクラック掃除をしていた。


IMGP7337.jpg
掃除が一段落して、トップロープで登ってみた。
クラックからいいホールドがたくさん出てきたので、クラック沿いに(ジャミングではない)登って行ける。
カム、ナッツも効きそうだ。
5.10cあたりか?おもしろいルート!


IMGP7349.jpg
夢中で登っていたので、気づかなかったが、指から流血していた。
岩がとがっていて刺さってくる。
恐るべし岩岳アイゼンガルド!


IMGP7352.jpg
寒さのせいで、みんな帰る準備をしていて、知らぬ間にアカシさんと私だけになっていた。
もっと居たかったが、時間が来てしまった。


IMGP7353.jpg
南北に連なる安倍奥東山稜。


IMGP7355.jpg
すばらしい尾根道。


IMGP7361.jpg
ルート名を考えながら下り、真先峠に着いてニール会の記念写真をとった。
ニールさんの古い型のデリカがいい感じだ。
さて初登者は誰になるのか?

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/166-6fd92761
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。