竜爪山・沢口沢 岩探し - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜爪山・沢口沢 岩探し

沢口沢新情報!

SawaguchisawaRocks.jpg

竜爪山のふもと、沢口沢クライミングエリアを開拓中のニールさんが、アカシさんと一緒に、岩を探しに歩いてくれた。
そして、まとまった地図をニールさんが作ってくれた。
ニールさんの情報をもとに紹介します。


Dscn0871.jpg

まずは、シティースクエアの右(南)へ回りながら、登っていくと、現れる「泥んこスラブ」
この上部に沢があるので水が流れている。
この先登ると、


R0014282.jpg

もろいフェイスがある。
さらに登っていくと、


Dscn0873.jpg

森の中には(山腹)たくさんボルダーがある。


Dscn0881.jpg

岩質は柔らかく、もろいものが多い。


Dscn0879.jpg

もちろん、掃除も必要。


Dscn0883.jpg

とにかく、岩はたくさんあるとのこと。


Dscn0885.jpg

苔カーペットスラブ。
この辺りを左に続くトレースを行くと、大きな松があり、これが目印となる。


Dscn0887.jpg

大きな松を通り過ぎ北へ。
すると、安倍川から見えるであろう、大きな岩へと着く。
そこで、ニールさん、アカシさんが見つけたのは、古いハーケン。
古いハーケンには針金が結ばれており、その針金は丸太を縛ってあった。
おそらく、その上にあるクラックへのアプローチではないか?


R0014292.jpg

ダイアモンドスラブ。
次回は、このダイアモンドスラブの懸垂下降計画している。


Dscn0890.jpg

天神の滝の上にある不思議な形のボルダー。

沢口沢は、昔のクライマーによってかなり登られていたとは・・・。
いったいどんな登り方をしていたのだろう?
はっきりしたことは、ここが岩の多い場所だということ。
忘れ去られた理由は、岩質の問題か?
硬い岩の部分もあり、開拓できる可能性はあると、ニールさんが話していた。
実際に岩を見てみたい。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/163-dbb1da98
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。