竜爪山 沢口沢クライミング開拓 - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜爪山 沢口沢クライミング開拓

2013年1月12日
竜爪山の西側にあるクライミングエリア沢口沢へ、ニールさんの開拓の手伝いに行ってきた。
ニールさんがまとめた沢口沢トポ
沢口沢へ登る前に、津渡野のお寺から山腹にある岩をチェックした。


IMGP7076.jpg
まずは、広場に着き、静岡労山名誉会長のワイヤーブラシを借りて、ロングスラブを目指した。
この日の目的は、ファイヤーゲン5.10bと混浴トシちゃん5.10bのルートに懸垂下降用のボルトを設置することだった。
この二つのすばらしいルートは、名誉会長が作ったものだが、50mのロープでは懸垂下降ができない点が問題だった。
1本の懸垂下降用ロープが残置されていたが、風雨にさらさたそのロープを頼りに40mの下降はちょっと恐い。



IMGP7078.jpg
作業を始める前に、ケモノ道を通りながら、ロングスラブの上にある岩を探索することにした。
大きな岩が山の斜面に点在しているが、もろい岩質と、濃い木のツルのせいで、開拓する気力の起こらない岩が多かった。
そのいくつかの岩壁の中に古いリングボルトをニールさんが見つけ出した。
「昔のクライマーはすごいな!」とニールさんが笑っていた。



IMGP7081.jpg
そして、古いスズメバチの巣も!



IMGP7083.jpg
少ないが良さそうなクラックもあった。



IMGP7087.jpg
岩壁の上を見上げると、また別のスズメバチの巣があった。
どうもこの岩は、スズメバチのお気に入りのようだ。
昔、ファイヤーゲンの岩壁を掃除していた時に、スズメバチに刺され、死ぬかと思ったことを思いだした。(その時は痛いだけで済んだ)
おそらく、この岩は、安倍川から見えるいちばん左端の岩だと思う。



IMGP7088.jpg
立派な岩を見つけたので、そろそろ仕事を始めようと、ロングスラブの上部から懸垂下降をした。
ちなみに、英語を勉強したい私の願いをニールさんが聞いてくれ、ここまでの会話はほとんど英語。
何となくわかったようなふりをしていたが・・・?
岩を探して、英語も勉強できて、とてもおもしろかった!
掃除も根気のいる作業だが、ワイヤーブラシで苔を落とすと、いいホールドが出てきて登ってみたくなる。



IMGP7090.jpg
ロングスラブから立ち寄ったお寺が見えた。
ということは、お寺からここが見えるはず。



IMGP7095.jpg
ドリルで穴をあけるニールさん。ボルトのつけ方を教えてくれた。
ファイヤーゲンのルートの最後にボルトを追加し、



IMGP7097.jpg
懸垂下降用のボルト2つをつけた。



IMGP7098.jpg
ケミカルアンカーなので固まるのも早く丈夫。
場所は、悪代官5.10aの上、混浴トシちゃんのルート左あたり。



IMGP7100.jpg
さっそくこのボルトで懸垂下降した。
日が暮れそうな頃、下山した。

関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

トシゾー says...""
ボルト打ちお疲れ様でした。
クラック!?ちょっと見てみたいです。ファイヤーゲン&混浴トシちゃんの壁の状態はどうでしたか?やっぱり苔っぽいかな〜?
2013.01.15 17:38 | URL | #- [edit]
gen says...""
トシゾーさん!
韓国から帰ってきました?
混浴トシちゃん・ファイヤーゲンとも掃除したらいいですが、登れないことはないと思います。

それから、トシゾーさんには、ぜひロングスラブの上の岩を見てほしいですね。
クラックは、写真だと分かりにくいかもしれないですけど、ハングです。
これから、岩岳の開拓をする予定なので、そっちもいいですよ!
2013.01.15 18:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/161-84b41b29
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。