沢口沢クライミング  - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢口沢クライミング 

2013年1月6日
正月休み最後の日。
竜爪山の西側にある岩場、沢口沢へとクライミングに。
沢口沢と言っているが、シャクシ沢という名前があるようだ。
今回のメンバーは、ニールさん、私、リリー、ポリー、そしてオクヤマ君。

IMGP7051.jpg
ニールさんと「ファイヤーゲン」の途中に懸垂用のボルトをつけようと計画していたが、お客さん(オクヤマ君)が来たので、クライミングをすることにした。
まずは、「チュバカブラ」5.10bをオクヤマ君リード。
続いて私も登るが、途中でテンションをかけて痛恨のフォール・・・。
さすがにクライミングのしすぎで疲れが溜まっていたか?



GenWolverine.jpg
元気なオクヤマ君は左の11aの「ウルバリン」を2回目でリード達成した。
私も何とか2便目でリード。



IMGP7056.jpg
そのルートを開拓したニールさんも、続いてリードした。
肘に痛みを抱えているニールさん、登っている間は無視できるのだが、登った後に痛みが戻ってきてしまう・・・。



IMGP7060.jpg
お化けブロックのおすすめルート「天邪鬼」をみんなで登った。
核心部分の謎が解けなかったオクヤマ君だが、3便目で見事RP。



IMGP7061.jpg
このルートも開拓したニールさん、とてもしなやか動き!



IMGP7064.jpg
「7×7を久しぶりに登りたい」とやる気なオクヤマ君の提案で、シティースクエアへ向かった。
竜神の滝を眺めに寄ってみると、枯れ滝の下には1本の木が、流れ落ちていた。
泥がついている状態で、登るのは違う時期がいいだろう。



IMGP7068.jpg
まずは、ニールさんから「7×7」5.10dに登ってもらった。
ニールさん得意のスラブ、上手く登ってしまう。



IMGP7070.jpg
出だしで苦戦していたオクヤマ君だが、踏んってレッドポイントできた。
「7×7」へは初めて登った私は、出だしを簡単に登った。
しかし、中間でジワジワ来るスラブの恐ろしさに、自分を信じられなくなって、ヌンチャクをつかんでしまった。気を取り直して、もう一度挑戦した。
そして、困っている私に向かって、
"Diagonally right !" とニールさんが英語でアドバイスしてくれた。
「ななめ右!」という意味だが、これは、私が前もってニールさんに頼んでおいた英語のレッスンだ。
クライミング中、必死に聞くので、覚えが早い!

一難去ってまた一難を2回ぐらい繰り返す「7×7」。
このスラブルートがこんなにおもしろいとは、おすすめのルートだ。



IMGP7067.jpg
沢口沢には手つかずの岩がたくさん残っている。
ただ、登るためにはかなりの大掃除が必要だ。



IMGP7074.jpg
岩場からの眺め。
安倍川の橋から岩壁が3つほど見えるが、おそらくまだ見つけていない。
その岩壁を探そうとシティースクエアの上の急斜面を登ってみるが、今回は見つけることができなかった。



IMGP7075.jpg
帰る前に、ロングスラブの裏側を見に行った。
スラブとハングした壁があったが、岩が脆い部分が多かった。
沢口沢の岩場には、まだまだ、大きい岩壁がありそうだが、山の斜面となっているので、探すにはひと苦労する。
次回は未知の岩を探索か?


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/160-e4d8b0ed
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。