安倍奥・岩岳の岩探し - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍奥・岩岳の岩探し

2012年12月9日

地蔵峠へ向かう途中に見える、安倍奥・岩岳の稜線に突き出た岩を、以前から気になっていた。
その話をshuが焼き鳥屋じゅんちゃんでしたところ、ニールさんも見てみたいと興味を持ったようだ。
ならば、その岩を探しに行こうと探索隊が結成された。

IMGP6872.jpg
正木峠まで車を停め、歩き出した。
荷物の中には、カム、ナッツ、ハーケン、ロープと岩を見つけたら、登る気満々の装備でいっぱいだった。
寒波で雪が降っていたので、どうなるものか、心配ではあったが、今回のパーティーはみんな元気のあるメンバーばかり、ポリーとリリーも楽しそうに走っていた。



IMGP6869.jpg
地蔵峠目指して、少しずつ標高を上げると、木々の切れ間から、目的の突き出た岩が見えてきた。


IMGP6873.jpg
笹でいっぱいに覆われた斜面に、大きく突き出た岩は、山道からはとても目立つ。
しかし、稜線を歩くと、2mの笹に視界は狭まれる。
前回、岩岳を通過したときに探してみたが、藪漕ぎをしていると、どこに向かっているのかすぐに分からなくなり、結局、見つからずに終わってしまった。



IMGP6877.jpg
ハイキング気分のつもりが、山の中は意外に雪が多く、アイゼンはまだ必要なかったが、凍りかけた部分もあった。
今回の旅の仲間は、私、アカシさん、ニールさん、サトさん、キョウコさん、シュウ、ポリー、リリーで、女性陣のサトさんは北海道出身、キョウコさんは昔、山を歩いていたし、ニールさんと小川山へもよく行っているので心配はなかった。
むしろ、楽しんでいる姿に、探索隊を明るい雰囲気としてくれた。



IMGP6882.jpg
地蔵峠から進路を北へ取った。
道の伸びる南向きの斜面は、日が当たっていたので、雪は溶け、暖かくなった。
振り返ると、青笹山へ続く道が、雪のおかげでよく映えた。
さらに南を眺めると、山々の向こうに、駿河湾の海が日に反射して白く光っていた。



IMGP6884.jpg
尾根が広くなり、岩を包むように生える木のある場所にでた。
ここは、いつ来ても不思議な雰囲気、自然の造形に畏敬の念を持つ。



IMGP6886.jpg
私は高度計と地図、シュウは携帯のGPSで、予想地点を調べていた。
目的の大岩に近づいていた。
左の藪の中へいつ突入するか、そろそろだぞと話していると、先を行くアカシさんが、
「あったぞー!」と雄叫びが聞こえた。
「アカシさんどこー?」と叫び返すと、藪の中からアカシさんの拳が見えた!
見つけた岩は、大岩ではなかった、が、さらに先を西側に藪漕ぎをしていき、



IMGP6895.jpg
藪から出るために岩の上に立つと、ここが探していた岩だとすぐに分かるような、光景が広がった。
今まで、背よりも高い藪のおかげで、風から守られていたが、途端に冷たい風が吹き付けてきた。
一気に体感温度は下がっていくが、岩を見つけた興奮から、しばらくその場を動けなかった。



IMGP6896.jpg
やがて、興奮よりも寒さのほうが強くなり、長居はできそうもないので、急いで岩に近づこうと、笹の中を慎重に下っていった。
ポリーもここまで来るが、女性陣といつの間にか、いなくなっていた。



IMGP6897.jpg
岩は突き出ていたと思っていたが、岩のてっぺんは尾根となり、山の斜面とつながっていた。



IMGP6899.jpg
シュウとアカシさんが次第に低くなる笹を、切れ落ちている両側へ滑らないように進んでいき、岩の頂上に立った。
急斜面を、風になびく笹が草原のように広がり、眼下には点在した村が見える。
岩自体は15mぐらいか、しかし、山全体を含めると、この高度感はこのクライミングにすばらしい味付けになるだろう。
アカシさんは寒さに耐えきれず、震えながら、登山道へと戻った。



IMGP6903.jpg
岩の取り付きまで行くには、急な斜面を下らなければならない。
ニールさんとシュウは寒さに負けずに、なんとか岩の下まで行こうと、道を探していた。
私は、アカシさんと登山道へ避難しようとしたが、持ってきたダウンを着込むと、暖かくなり、徐々に士気を取り戻した。
ニールさん、シュウに遅れて、岩の下まで滑りやすい笹を、木の枝を頼りに降りていくと、取り付きには十分なスペースが岩の下にあった。

「リングボルトがないな・・・」岩を見上げながら、ニールさんが、うれしそうにつぶやいていた。
岩の近くに、古い空き缶を見つけたのだが、何のためにここに来たのだろう?

左面のニールさんが見上げた壁は、スラブとフェイス、そして右斜めに伸びる細いクラックが横切っていた。
西側のカンテは、ハングの続くおもしろそうなルート。
右面は、フィストのクラックが斜めに伸び、その上は確認できなかった。
フリクションが良さそうな岩質で、何よりも、笹の中に飛び出た岩なので、さえぎるものがなく眺めは最高だろう。



IMGP6905.jpg
岩をじろじろ観察して、登山道に戻り、パーティーに合流した。
岩岳山頂を確認してから、寒いので、地蔵峠まで戻ることにした。
大岩へのアプローチは、岩岳山頂手前(南)を左へ(西)藪の中に入り、10mほど。



IMGP6906.jpg
地蔵峠でカップラーメンを食べ、一息ついて下山した。

下山後、焼き鳥じゅんちゃんに集結し、この新しいプロジェクトについて話し合った。
まずは沢口沢の開拓と、掃除。
それから岩岳の岩開拓が、私たちを待っている。




関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/155-78c0bac6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。