安倍奥 関ノ沢右俣(南沢) - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍奥 関ノ沢右俣(南沢)

2012年10月8日

最近、やっと涼しくなりうれしいのだが、沢ヤにとっては同時に焦りの気持ちも出てくる季節でもある。
中ノ滝登攀に成功したトシゾーさんに連絡し、安倍奥でおすすめの沢を聞いたところ、関ノ沢右俣南沢がいいということで、寒くなる前に沢登りの計画を立てた。


IMGP6457.jpg
メンバーはツッチャン、シュウ、私、3人の沢組合が集結した。
どうも、安倍川では渓流禁漁が11月から始まるようだが、今回は釣り竿なし、沢登り装備だけで朝8時、中ノ段の下に車を停め沢へと向かった。
車から出ると、肌寒く、水の中は大丈夫か?と不安になった。
救いは、山の上を照らす陽の光。
天気は良さそうだ。


IMGP6474.jpg
農道を歩いていくと、アスファルトが崩れていた。
車では控えたほうがいいだろう。
農道の終点でそのまま入渓できる。
堰堤は左岸巻き。
ヒルが多い関ノ沢だが、今回はここで見かけただけで済んだ。
沢に戻るといい渓相となり、本格的に沢登りが始まった。
今日は、なるべく水に浸からないようにへつろうと、3人とも意見が一致。
ヘツリハングを落ちずに無事通過した。


IMGP6480.jpg
沢に落ちている壊れたバイクを横目に進み、2段の立派な滝と対面した。
1段目は滝の左壁を登り、2段目は滝の右壁を登った。
途中のテラスで、滝の中を覚悟を決めてのトラバース。
思っていたほど水は冷たくなく、ツッチャン、シュウとも問題なくシャワークライミングで通過した。


IMGP6482.jpg
遡行図の8mスラブの滝か?滝の右壁をリードで挑戦した。
しかし、思い描いたラインの壁部分が硬く、思うようにハーケンが決まらない!やっと打ち込んだハーケンも岩にひびが入り、とても使えるものじゃない。
悪戦苦闘している私の写真を撮ろうと、右の倒木からツッチャンが登り始めた。
あっという間にリードしている自分より上の壁の中間までフリーで登ってしまうではないか!?。
最近クライミングをしていないツッチャンだが、あいかわらずいい登りをする。
上部が嫌らしいので、そこは、ハーケンとトライカムを決めて、リードで登りきった。


IMGP6491.jpg
すぐに、10mあるいは13mの滝に出会う。
静岡県登山・ハイキングコース120選には、13m、15mは高巻くとあった。
登れそうな気もするが、水にぬれた黒い岩はもろそうに見えた。
この滝10mか、13mかどっちだろう?ツッチャンと登るか相談した。
どっちの準備もできているとの返答が来た。
もう一度、滝を見上げ考えたが、打ち込んだハーケンが、岩をくだく想像をしてしまう。
結局、ここは無理をせずに高巻くことにした。


IMGP6501.jpg
左岸から高巻き中、キノコの群生を見つけた。
見るからにおいしそうなキノコだったが・・・。
その後、懸垂下降で沢に戻るが、もう少しトラバースすれば懸垂下降しないで沢に降りることができる。


IMGP6518.jpg
この沢にはいい滝が多く、ツッチャンにリードを勧めてみた。
終了点の作り方とセカンドの上げ方を忘れていたらしいが、教えればすぐに思い出し、ハーケンでしっかりした終了点を作っていた。
クライミングも、センスと身体能力で言うことなし。


IMGP6523.jpg
水好きなシュウは、シャワークライミングへのためらいはない。
ロープワークも覚え、クライミングも上手くなっている。
あと、釣りを始めれば立派な沢組合員となるだろう。


IMGP6534.jpg
簡単に巻ける滝も、敢えてロープを出して登った。
ハーケンを打ち込む音が沢に鳴り響く!


IMGP6552.jpg
「あっ!滝が見える!」の声に前方を見上げると、まだこんな存在感のある滝をこの沢は有しているのか?と思わせる中流部・10mの滝が現れた。
「山やへの扉」にこんな滝あったかなと考え込むが、水量の違いでわからなかっただろう。
近づいてみると、滝の右壁が意外と登りやすいことに気づく。
登っている最中に、山やへの扉の記事を思い出し、
ロープをだして、滝の上部へ登ってみた。
水量が少なく、安全に抜けた。


IMGP6577.jpg
上流部も飛瀑群で構成されていた。
登れる滝が多く楽しめる。


IMGP6579.jpg
スラブは慎重に通過。
ロープを出して登っていたので時間が掛り、このあたりで歩くスピードを速めた。
疲れもたまってきたが、沢の水量は減らずに。


IMGP6589.jpg
ひたすら歩き、標高を上げると、やっとあたりは源頭部な雰囲気へと変わった。
天気がよく、木々が美しい。
水、岩、葉と沢ならではの風景をしばし堪能した。


IMGP6593.jpg
水が枯れ始めると、沢の中に、まるで遺跡のように昔のワサビ田が段を作っている。


IMGP6595.jpg
そして、苔の森へと入っていく。
「いつからこうなっていたんだろう?これからもこうだろうな・・・」ツッチャンが苔に話しかけていた。
シュウの方は「ここはエルフの森だ・・・」とロードオブザリングの世界へ行ってしまった。
疲れと森の美しさがそうさせるのか?


IMGP6600.jpg
トシゾーさんもブログ書いていたが、道らしき道?をたどり、少しの藪漕ぎをして、


IMGP6601.jpg
登山道に出ることができる。
すぐに十枚峠に着いた。
せっかくだから、山頂へ行こうと決めるが、


IMGP6605.jpg
峠から山頂まで、根性の登りだった。


IMGP6606.jpg
十枚山山頂へは14時に到着。
遠く続く山々を眺めながら、遅い昼食をおいしくいただいた。


IMGP6608.jpg
直登ルートを降り、中ノ段へと無事に着いた。

おそらく、これが今年の沢納めとなるだろう。
関ノ沢右俣南沢、自分たちにちょうどいいレベルの沢で、とても楽しむことができた。
沢の自然に感謝!

また来年、沢クミアイましょう!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/149-66f4683e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。