安倍奥 濁川下流 - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍奥 濁川下流

2012年9月29日~30日

コンヤ沢の南を平行に長く伸びた濁川。
下流からだと一泊二日は優にかかるだろう
今回は沢組合員に加入した山桜を説得し、アマゴを食べながら、たき火を囲もうと計画した。
問題は、二人とも土曜日は半日仕事、二日目は午後に台風が接近と短い二日間になるということ。
限られた時間のなかで、アマゴの串焼きにありつけることができるのか?

IMGP6378.jpg
2時に梅ヶ島小中学校のグランド横にある駐車場から歩き出した。
初めての沢なので、何が待ち受けているか油断はできない。
泊まるための装備で重くなったザックに自然と気が引き締まった。


DSC00882.jpg
下流はゴーロで始まる。
「ここでビバークするか?」とさっそく山桜が弱音を吐いた。


DSC00885.jpg
本格的な釣り場へは、3つのえん堤を越えなくてはならないとガイドブックに書いてある。
3つとも巻き道は右側で、3つ目のえん堤にはトラロープがある。
そのトラロープをつかみながら、緊張を強いられるトラバースだった。


IMGP6390.jpg
しばらくすると、いい渓相になり期待はふくらんだ。
山桜はエサ釣り、私はテンカラで、晩ごはんのおかずを狙った。


IMGP6392.jpg
収穫がないまま時間が来たので、ひとまずビバーク地を探した。
台風がいつ来るかわからない。沢の中州にあった高台へタープを張った。


DSC00903.jpg
日が暮れるまで竿を振るが、何の当たりもなく、途方に暮れた。
やはり、ツッチャン抜きでは厳しいか?
枝に毛バリが引っ掛かり、この日の釣りが終わった。
これで、夕飯はレトルトカレーに決定・・・。


DSC00892.jpg
釣れないだろうと予想した山桜は、パスタを用意してくれた。
たき火を囲みながら、ワインで乾杯し、レトルトカレーとウニクリームのパスタを分かち合った。
沢でのビバークは、旅そのものだ。


DSC00899.jpg
食べ終わると、たき火を眺め、のんびり過ごす。
ただ、薪集めの最中ヒルにやられた。
自然の中だからヒルも虫も住んでいる。


IMGP6398.jpg
暗闇の中の火はとても暖かかった。


IMGP6405.jpg
台風の心配をよそに、穏やかな夜だった。
蟻と蚊みたいな虫に時々起こされるが、最近忙しい山桜はよく寝れたそうだ。
朝ごはんの前に釣りをするが、まったく反応がなく、収穫なしに終わった。
濁川林道終点までも行っていない付近で引き返すことにした。
「今年は釣れないな!」と二人で嘆き、


IMGP6417.jpg
ビバーク地に戻って、ラーメンを食べた。
台風がそれたかもと思うほど、天気が良かったが、雲行きが怪しくなったので退散することにした。


DSC00909.jpg
来年の渓流釣り解禁に向けて、テンカラを練習しないと!


IMGP6424.jpg
十枚山を見上げ、少しの物足りなさと一緒に、沢を後にした。

関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

安倍の山伏 says...""
ゲンさん、こんばんは。
中州での泊まり、大正解です。 なぜなら濁川、個人的に安倍奥で一番ヒルが多い所だと思っています。 もう少し水量が多い時の方が良さそうですね。

かたやま
2012.10.01 21:13 | URL | #- [edit]
gen says...""
かたやまさん、濁川下流部だけでしたが意外とヒルは少なかったです。次回はブンドウ沢まで行ってみたいです。
2012.10.01 23:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/148-bf06a9c6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。