ホラの貝のゴルジュ - 沢組合記
FC2ブログ

沢組合記

沢・山・岩・その他もろもろの旅日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホラの貝のゴルジュ

2012年8月26日

ホラの貝のゴルジュ。
ゴルジュ好きには避けられない沢だろう。
去年のイワンヤ沢に続き、ゴルジュ突破のミッションが始まった。


IMGP6170.jpg
パーティーは、リーダートシゾーさん、私、今年沢デビューのshu、そして今日沢デビューのタッキーだ。
「えっ?今日沢初めてなの?沢デビューが、ホラの貝のゴルジュ・・・?」
不安になるが、普段からボルダーをがんばっているタッキーなので、クライミングは大丈夫だろう。
あとは、滝壺に落ちて溺れないように、泳ぎができないと危険だ。
タッキーに泳げるか尋ねると、「まあ上手くはないけど、なんとか泳げます」
あいまいな返事だ。

「何とかなるでしょ!」と二日酔いのトシゾーさんを横目に、「そうですね!」と空元気に答えた。
ちなみに飲みすぎたのはクライミング仲間H田の結婚式。
H田さん、おめでとうございます!


IMGP6173.jpg
道の駅みとみでテント泊し、早朝から準備をするが、とても寒かった。
あまりの寒さに、ゴルジュへの不安がつのる。
歩きだし、日も差し込んできたのか、気温は上がりやる気も高まってきた。


IMGP6176.jpg
二俣吊橋を渡ったあと東沢に降り立った。
これから始まる冒険を想像できないほど、穏やかな渓相をしていた。


IMGP6181.jpg
ゴーロもすぐに終わり、5mの滝が作り出した濃い緑色の釜が現れた。
滝の左側をななめに伸びるクラックを使いトシゾーさんが楽しそうにフリーで登り、ファイントラックのロープで荷上げした。


IMGP6186.jpg
釜が深いので、落ちても大丈夫だが、できれば落ちたくない。
最後は高さと、滝のプレッシャーを背に、クラックを利用し登っていく。
みんな、苦労しつつも登りきることができた。


IMGP6208.jpg
やっとの思いで滝を越えると、今度は長い淵が。
両側の岩が立っているため、へつることができない。
泳ぐしか選択肢がない。
泳いでいくと広いクラックがあり、その先に残置スリングが見えたので、ここかと登っていった。
長い淵の泳ぎですでに寒い。


IMGP6215.jpg
そして、ホラの貝核心部の入り口が・・・。
水の色から深いことが分かる。
恐る恐る泳いで侵入した。


P8260093.jpg
「とうとうやってきました!」

ホラの貝の核心に着いた。


IMGP6222.jpg
ここは、やはりトシゾーさんの出番だ。
ハーケンの残置と、トシゾーさんが打ち込んだハーケン1つにアブミをセットしながら、慎重にトラバースしていった。
下の滝つぼに落ちたら、どうなってしまうのか?
心配しながら見ていると、アブミを1つ釜に落としてしまった。
そのまま浮かんではこなかった。
それでも、スリングをうまく使いながら、無事通過。


P8260115.jpg
その後、タッキー、shuともに時間はかかったが、落ちずに通過成功。
自分の番が来て、緊張しながらアブミに体重をかけていった。
釜を見下ろすと、滝の白泡の横に、濃い緑を通り越し、漆黒の色をした水がうねっていた。
自分のいる状況に少しずつ慣れていき、落ち着きを取り戻してトラバースできた。


IMGP6235.jpg
核心を越えられたと喜ぶのもつかの間、長い淵が私たちを待っていた。
他の遡行レポーによると、水量が多い日には、すぐに流され、遡行不可能ともなる場所だ。
しかし、この日は雨のない日が続き、水量はかなり少なかったようで、ヤバさは感じなくすんだ。。
それでも、流れに逆らう泳ぎは大変だ。
まだまだ続くゴルジュ。


IMGP6250.jpg
shuがステミングを覚えたようだ。
それにしても体が硬いな!


P8260132.jpg
泳ぐ場面が多く、足久保川育ちの私と弟のshuは、楽しくてしょうがない。
ゴルジュ突破は大変で、震えるほど寒いのに、なぜかみんなよく笑う。
ゴルジュは、沢ヤをイカレさせる何かがある!
ライフジャケットを装備したトシゾーさんも、タッキーも、泳いでいるときは苦渋の表情か、笑顔のどちらかだ。


IMGP6256.jpg
ゴルジュ帯が終わると、日の差し込む場所に出た。
ここで、しばらく日向ぼっこをして体を温めた。
ゴルジュの中はとにかく寒かった。
数組のパーティーに出会い、そのなかには沢ガールの姿もあったが、安倍奥沢ガールsaeにはかなわない!


IMGP6259.jpg
帰りは、もちろんウォータースライダーで。



IMGP6264.jpg
こんなに美しい滑り台は、滅多にないだろう。



IMGP6269.jpg
核心の3mの釜はみんなでジャンプ!



IMGP6272.jpg
落としたアブミを、水中メガネをしながらshuが探していた。
3回ほど潜ったが、アブミが岩に挟まって取れなかった。
shuに代わって、探すことにした。
潜ってみると、想像以上の深さにためらうが、思い切って、もう一蹴りしてみた。
日の光が差し込んみ、ヒスイ色をした水の奥深くに、大きな石があった。
とても静かで、なぜかドキドキした。
大きな石に挟まったアブミを思い切り引っ張り、アブミを奪還した。



IMGP6276.jpg
自然の作り出す美しさに、ただ感嘆するばかり。



IMGP6277.jpg
心の底から楽しんだ。

ホラの貝に感謝。


IMGP6288.jpg
ゴーロ歩きで体を温めた。
今回のゴルジュ突破は、天候と水量に恵まれていた。


IMGP6290.jpg
ホラの貝のゴルジュ、とてもいい沢だった。
これでまた、沢仲間が増えたでしょう!


関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

かたやま says...""
気持ち良さそうですね! 
最初の5m、右岸の斜上するクラックから攀じ登れるのは知りませんでした(山道からは見えないので)。 昨年遡行した時の写真と比べると、水量が1/4~1/5程度に見えます。 でも難しさは変わらないか! 所属会の中にもホラの貝に行きたいのがいるようです。
2012.08.27 17:53 | URL | #- [edit]
gen says...""
他のレポートと比べても水量は少ないです。
なので、楽しめました。
おすすめですよ!
2012.08.27 22:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sawakumiai.blog.fc2.com/tb.php/147-ba726fbf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。